こんにちは!

Say it in English !のリコです。

第一回目の文法のお話は

英語の基本になる文型の中のSVと時制の現在形についてお話します。

文型SV

S = 主語

V = 動詞

〜は〜する。

この文型は嬉しい事に日本語と語順が同じですね!

けんは走る

Ken runs.

文型はテストの為に勉強しなくちゃいけないと思わないで!

文型は英語を話す時に

正しい順序で単語を並べる事で

相手に誤解の起きない

正しい英語を話す為に

必要な知識なんです。

言い換えると文型は英語で何と言って良いか分からない時にその道導をしてくれるとっても便利なツールなんです。

そして上級になるほど役立つものです。

 

では先ほどの

Ken runs.

にもう少し色を付けてみましょう!

ここまでは日本語と同じ順序ですがここからが日本語とは異なってきます。

例えば場所や時間など(これらは副詞)をつけると、

日本語だと

これらは頭にきますが

英語は文末にきます。

(副詞について強調したい場合は文頭に来ることもあり)

例えば、

He runs in the park in the morning.

in the parkとin the morning

は文末にきます。

 

とにかく

何がどうした

どんなに文が難しくなってもこの形が文の頭に来ることを忘れないでおくといいですね!

その応用が他の文型になります。

*be動詞が来る文型はまた別になります。

 

SV 文型について作成した動画です。

 

 

 

ではここで時制のお話

現在形について

 

英語の時制の使い分けは日本人にとって非常に厄介なものです。

でも時制を頻繁に間違えてしまうと

相手に誤解を与えてしまったり、

理解してもらえなかったりするので、

練習して

時制をなるべく間違わないようにする事が非常に大切です。

 

そこで今回は

現在形をいつ使うべきなのか?

リストにしてみました。

 

1、一般的な事実, 不変の事実

 

A dog has four legs.

Hair grows.

People speak English in the U.S.

 

どれも一般的,または不変的事実。

 

2、習慣的な事、趣味、

  活動など繰り返して行なっている事

 

I watch a movie every Friday.

He sometimes visits his parents.

I usually buy milk at this supermarket.

 

このタイプでは時や頻度を表す副詞が一緒に来る事が多い。

・頻度を表す副詞とは

usually, always ,sometimes, often, etc..

これらは通常動詞の前に

・時、曜日や月を表す副詞

every Monday , every summer , most mornings , at the weekend ,etc..

これらは通常文末に

 

3、現状、状態、趣向など

 

I live in Tokyo.

I have a dog.

I know the fact very well.

This orange smells good !

I love dogs.

 

これらのパターンで使われる動詞は進行形にはならない事が多い。

*進行形は一時的な動作、出来事について使われる。

 

4、イベントやスポーツ、

  料理番組などの実況で進行中の状態について

 

He shoots .

He scores .

Remove to a plate and keep warm.

 

状態によっては進行形、過去形が使われている事もある。

現在形を使う事で時間を省略でき、

より簡潔に伝える事ができる

 

5、物語(映画、ドラマの内容について話す時)

On the first day of school, Marlin embarrasses Nemo during a field trip. While Marlin talks to the teacher, Mr. Ray, Nemo sneaks away from the reef toward a boat and is captured by a scuba diver.

ウィキペディア、Finding Nimo 物語の内容から引用

現在形を使う事で、

聞き手により現実感をましたり、

危機感など迫真に迫った感じを洗わせるために現在形が使われる。

日本語だと過去形を使って映画の話をする事が多いので

やや違和感を感じますね。

意識して時制を聞き取ったり、

実際に映画の話などを現在形を使って伝えてみるなどして

慣れていくと良いですね!

同じ意味で、

話し手に実際に起こった話しなどにも現在形が使われる事もよくあります。

 

以上が基本的な現在形の使われ方です。

 

では次回は

be動詞を使う

SVCについてそして、過去形について説明したいと思います。

ありがとうございました。

合わせて読んでいただきたい

オススメの記事

過去形について

ちゃんと使いきれて

いますか?

 

未来形について

未来を表す構文は

4種類も!

 

進行形の

使い方も様々

あります。 

 

Share This