こんにちは

Say it in English !のリコです。

今回は、助動詞 完全制覇シリーズ3

「shall , might , may」についてです。

他の助動詞に比べて出番の少ない助動詞ですが、

それでも知っていると便利な表現が沢山あります!

パターン別に紹介していきたいと思います。

Shall 

 

主に疑問文で

Shall we ? 又は Shall I ?

「〜しませんか?」「〜しましょうか?」

shallを使った有名な構文は

Shall we dance ?

ではないでしょうか?

1990年代以降に生まれた方は、ご存知ないかもですが、

有名な映画のタイトルでしたね!

踊りませんか?って

こういう例文があると覚えやすくていいですね!

 

では、使い方ですが、

2人以上の仲間に対して

「〜しませんか?」

と提案する場合に

Shall we ~ ?

で始めると良いです。

 

例文

 

この部屋暑いね。窓開けようか?

夕食に何を食べましょうか?

など

shallを使って言い換えると

It’s warm in this room. Shall we open the window?

What shall we have for dinner?

ここで、知っておくと便利なのが

付加疑問文で

shallを使う時です。

「〜しましょうよ!どうかしら?」

と相手の気持ちをちょっと確認する場合

Let’s ~ , shall we ?

という形で使います。

例えば

犬の散歩に行きませんか?どうですか?

Let’s take the dog for a walk, shall we?

こんな風に言います。

さて次に

Shall I 〜 ?

を使う場合です。

「(私が)〜しましょうか?」

相手の意向を聞いたり、提案する場合に使います。

例文

お手伝いしましょうか?

今晩、電話しましょうか?

英作文にトライ!

Shall I help you ?

Shall I call you tonight ?

その他

shallは約束事にも使われます。

例えば、

それを絶対に忘れないよ。

I shall never forget it.

might とmay

 

「かもしれない」

可能性の意味で使われる時、

mayとmightには違いがあるのか?

ある参考書やネイティブのサイトでは、

may の方が、可能性が高い場合に使う

と書いてあるものもありますが、

多くのネイティブのサイト、ブログでは

今日では、そのような使い分けをされる事は少なく

ほぼ同じ意味で言い換えが可能

と書いてあります。

ではそれを踏まえて例文です。

あまり、2つの意味の違いは気にせず使えば良さそうです!

しかし、フォーマルな場面では気をつけた方が無難そうです。

 

今夜、映画に行くかもしれない。

スーはパーティーに来ないかもしれない。

 

英語で言い換えると、

I may go to the movies tonight . 

Sue may not come to the party.

 

might で言い換えも可能。

 

I might go to the movies tonight .

Sue might not come to the party.

許可(may,might)

 

「〜してもいいですか?」

と許可を求める場合に

maymight が使えます。

can や will など他の助動詞に比べて

一番丁寧な言い方となります。

家族や友達との間では、ほとんど使われないでしょう。

特に、mightはさらに、丁寧なので、

よほど、フォーマルでない限り、ほぼ使われる事はありません。

 

例文です。

 

電話していいですか?

ここに座っていいですか?

 

mayを使っていいてみると、

May I call you ?

May I sit here ?

となります。

might は省略しました。

 

may と might を使い分けるとき

文法的に過去形にする必要がある場合

may と might を使い分けます。

このような場合

mightはmay の過去形として働きます。

どのような場合か?

 

直接話法から間接話法にする場合

 

直接話法

彼女は「東京に行くかもしれない」と言った。

彼は「電話するかもしれない」といった。

間接話法になると

彼女は東京に行くかもしれないと言った。

彼は電話するかもしれないと言った。

 

英語で言う場合、間接話法では「 」内の時制を

過去形に変えるので

 

直接話法

 She said ” I may go to Tokyo”.

He said ” I may call you “.

 

間接話法

She said she might go to Tokyo.

He said he might call me.

以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Share This